リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活〜TOP|骨粗鬆症とリウマチ

骨粗鬆症とリウマチ

骨粗鬆症リウマチは以外と関係があります。ここでは骨そしょう症にならないための予防と 骨によい食品をご紹介します。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は女性にとって、すごく気になる病気ですよね。
骨粗鬆症とは骨量が減るために起こる病気です。骨は皮膚と同じように、常に新陳代謝を繰り返しています。

古くなった骨は、破骨細胞により破壊され血液中に吸収(骨吸収)されます。破壊された骨は、骨芽細胞により再生(骨形成)されます。

この繰り返しによって、骨は強さとしなやかさが保たれるのですが、いろいろな要因によって骨吸収と骨形成のバランスが崩れると、破壊される骨の量が形成される骨の量を超えてしまうことがあります。その結果、骨の密度が低下し骨量が減ってしまうのです。

健康な骨は組織がしっかりしているので密度が高く丈夫ですが、骨粗鬆症になった骨は非常にもろくなるため、日常生活のささいなことでも骨折しやすくなります。

また、ステロイドホルモン剤は少量でも長期にわたって使用すると全身的な骨粗鬆症を起こしやすくなります。

スポンサーリンク

骨粗鬆症にならないための年代別アドバイス

20〜30代
まず、毎日600mg以上のカルシウム摂取をめざしましょう。喫煙は腸管での取り込みを妨げ、過度の飲酒やカフェインの取りすぎもよくありません。
また、無理なダイエットは骨の減る原因になるので注意しましょう。

40〜50代
30代後半〜40代にかけて骨量の減少がはじまります。特に女性は、50代でほとんどの人が閉経を迎えるので、骨の代謝に必要なホルモンが激減し、 骨量も大幅に減少します。

少しでも骨の減るスピードをゆるやかにするためには、1日最低でも600mg以上のカルシウムを取り続け、喫煙や飲酒は控えましょう。
また、栄養バランスのよい食事を心がけ、閉経前後で減る骨量を最小限に食い止めましょう。

60代以降
男女を問わず、足腰の衰えが気になり、腰の痛みや不意な骨折を経験する人が多くなります。減った骨を元に戻すのは難しいので、それ以上減らさない努力を する必要があります。

60歳を過ぎても、1日600mg以上のカルシウムを摂ることと毎日の食事に気を配り、転倒して骨折しないように注意を払いましょう。
骨粗鬆症が進んでいる人は医師の治療を受ける必要があります。

ビタミンDとカルシウムが入った食品

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。
ビタミンDの多い食品には干ししいたけ、魚肉(かつおなど)、卵黄、レバーなどがあります。


カルシウムが豊富な食品
牛乳(1本/200g)220mg
スキムミルク(大さじ2.5杯/20g)220mg
さくらエビ(素干し/10g)200mg
もめん豆腐(半丁/150g)180mg
ヨーグルト(1カップ/100g)120mg
いわし(丸干し/30g)132mg
小松菜(1人分/70g)119mg
しらす干し(大さじ1杯/10g)52mg
干しわかめ(1回分/5g)39mg
納豆(1パック/40g)36mg


骨粗鬆症予防のためには 一日約800rのカルシウムが必要とされています。

骨の健康度チェック

骨粗しょう症の原因は体質、体型、性別、性ホルモンの影響、病歴、生活習慣、加齢など、いろいろな要因が影響しています。 危険度の高い人はしっかりとした予防をおすすめします!
当てはまる項目に○をつけて 判定欄の○の数で判定します。

食生活

* 野菜や海藻類 キノコ類などをあまり食べない
* 牛乳やチーズなどの乳製品 魚などをあまり食べない
* インスタント食品やスナック菓子をよく食べる
* 好き嫌いが多く 偏った食事をしがちである
* 納豆や豆腐などの大豆製品をあまり食べない

生活習慣

* わずかな距離でも歩かずに車などを利用する
* 極端に日光に当たる機会が少ない
* しばしば過度の飲酒をくりかえしている
* 喫煙の習慣がある
* 運動をする機会がなく ほとんどからだを動かすことがない
* 階段よりエレベーターやエスカレーターを利用する

体質、体型
身体の変化

* 家族に骨の弱い人や骨粗しょう症の人がいる
* 最近 背が縮んだ または背中や腰が曲がってきたような気がする
* ささいなことで骨折したことがある
* 背中や腰が鈍く痛んだり 重苦しいことがある
* つい最近 閉経を迎えた あるいは生理不順の傾向がある
* 閉経している あるいは卵巣摘出手術を受けたことがある
* 体格はどちらかというと細身 やせて筋肉が少ない
* 内臓や内分泌系の持病(肝臓、腎臓、胃腸疾患、糖尿病、 甲状腺疾患など)がある

判定

○の数が0の人

今のところ骨粗しょう症にかかる危険度は最小です。このまま維持しましょう

○の数が1〜5の人

骨粗しょう症にかかる危険度は低めですが油断は禁物です。念のために骨粗しょう症検診を受けてみましょう

○の数が6〜15の人

危険度を高める不安材料はかなり多めです。食生活や生活習慣の見直しをするとともに 骨粗しょう症の検診を受けてみましょう。 特に体質、体型、身体の変化に○が多くついた人はすぐに医師による予防、治療の指導を受けたほうがよいでしょう

○の数が16〜20の人

骨粗しょう症にかかる危険度がたいへん高いので、できるだけ早く医療機関で骨粗しょう症の検診を受け正しい予防法の指導と治療を受けましょう

リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活〜TOP|骨粗鬆症とリウマチ