リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活~TOP|レミケード☆新薬

レミケード

新しい治療薬が登場する中で私たち患者はその新薬に対して大きな期待を持つ反面、副作用という不安にも脅かされています。

新薬レミケードとはいったいどのような治療薬なのでしょうか?
リウマチ患者にとっては非常に気になるところです。

レミケードは現在80ヶ国以上で高い評価を受けている治療薬です。日本でも全例調査を終了して有効性と安全性の情報が集まっているそうですが 以前、新聞に大きく死亡記事が出たことがありました。

レミケードに対する不安

私は以前、かかりつけの医師から「レミケード」の治療を薦められたことがあります。その時はまだ どの治療薬がどんな作用を持ち、 どのような副作用があるのかも全く知らない状態でした。

私が「レミケード」の治療に踏み切らなかった理由は第一に不安でした。 その時、日本ではまだ使用している患者が少なかったからです。
そして第二の理由として高額の治療費でした。 一度か二度の治療で完治するのならともかく何ヶ月も続けなければならないのです。 金銭的にこれは無理だと思いました。 今考えてみると まだガマンできる痛みだったのかもしれませんが・・・

現在 私の知り合いに「レミケード」の治療をしている人がいます。 一人はその治療が自分に合ったらしく、楽になったと喜んでいました。
もう一人は「レミケード」の治療をしているにもかかわらず、ひとつもいいところはなくすごく落ち込んでいます。 これでもわかるように、新薬だから全ての患者に効くとは限りません。

患者さんの中には藁をもつかむ気持ちでいろんな治療法を探している方が大勢いると思います。 必ず正しい情報を耳にすること、専門医と相談をする、そして、医師に自分の思ったことを意見してもいいと思うのです。だって自分の治療なのですから・・・・・・

スポンサーリンク

レミケード治療を受ける前に

レミケードはメトトレキサートを服用していても腫れや痛み、関節破壊がみられる患者が対象になります。 レミケード治療を受ける前に感染症にかかっていないか次のような検査をします。
* ツベルクリン反応検査
* 胸部画像検査
* 結核既往歴の有無
* 血液検査(白血球、リンパ球、など)

また、重い感染症にかかっている患者、結核にかかっている患者、過去にレミケード又はタンパク質を含む他の医薬品の投与を受けて 過敏症を起こしたことがある患者、うっ血性心不全の患者、多発性硬化症などにかかっている、又は過去にかかったことがある患者は レミケード治療ができません。

レミケード治療にかかる費用も気になります。
レミケード(点滴)は約2ヶ月に一回おこなわれるのですが、患者の医療費負担(3割負担)は一回投与した月に、約6.6万円になります。 患者の収入、年齢、障害者手帳の有無でも変わりますので自治体や健康保険の窓口で確認されることをおすすめします。

レミケードの作用

TNFαと強力に結合し、TNFαの働きをおさえ、TNFαを作り出しているTNFα産生細胞を壊します。 また、腫れや痛みを起こしているTNFαを受容体から引きはがします。

レミケードの効果

* レミケードによる治療を開始してから6週間後(3回目の点滴前)において、効果ありと判定された人は約95%
* 炎症をおさえる効果は治療を開始してから2週間以内
* 一回の点滴で約8~12週間効果が持続する
* メトトレキサートだけではおさえることができなかった関節破壊の進行をくいとめることができる
* メトトレキサートとレミケードを組み合わせることで関節破壊の進行を抑制する効果は長期間にわたって維持できる

レミケードの投与方法

* レミケードは病院で点滴する
* 1回の点滴に要する時間は2時間以上
* レミケードの点滴を行なっているときは、副作用のチェックをする
* レミケードの治療を行なっている期間はメトトレキサートも服用する
* レミケードの点滴は約2ヶ月に1回

レミケードの副作用

* 点滴中、点滴終了後に頭痛、発熱、発疹などの症状があらわれることがある
* 感染症(結核、肺炎、肺血しょうなど)・・・風邪をひいたような症状があらわれた時は医師に相談する
* 遅発性過敏症・・・3日以上過ぎてから発熱、発疹、筋肉痛などの症状があらわれることがある
* 間質性肺炎・・・薬の影響によって起こる肺炎
* 肝機能障害、好中球減少、白血球減少

自己免疫疾患とは

自分の成分や組織を外敵や異物と間違えて、攻撃する現象でそれによってもたらされる病気のことをいいます。

TNFαとは

TNFαとは、白血球から放出されるサイトカインの一種で生体防御機能上 大切な働きをするものですが、過剰に放出されると炎症を誘発したり憎悪したりします。
TNFαは、ヒトのいろいろな臓器、細胞に作用しクローン病や、 関節リウマチなど生体内で起こるさまざまな炎症反応に中心的に関与しています。

リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活~TOP|レミケード☆新薬