リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活〜TOP|高血圧の予防☆治療法

高血圧とは

高血圧は予備軍を含めると日本人の四人に一人は高血圧といわれています。血圧とは、血管内の圧力をいいますが、普通は動脈の内圧を意味します。 血圧には最大と最小があり、高血圧の診断で、上が140未満、下が90未満を正常とします。
上が160以下、下が95以下を比較的軽い高血圧とし 上が160以上、下が95以上だと薬が必要となる高血圧になります。

遺伝による高血圧

両親が高血圧だと、その子供は60%以上、片親が高血圧だと、その子供は40%は高血圧を発症する可能性があります。 それは遺伝因子によるものと考えられています。

高血圧の種類

一期・・・・血圧だけが高い
二期・・・・心臓肥大、動脈硬化
三期・・・・心不全、狭心症、脳卒中、腎不全
本態性高血圧・・・最小血圧が高くなるものが多く、最小血圧が高くなると最大血圧も高くなる
二次性高血圧・・・40歳以下で発症したときは、二次性高血圧が多い。原因として腎臓炎、副腎の機能低下、腎動脈の内腔が狭くなったために高血圧が起こる場合がある。
その他の高血圧・・最大血圧だけが高くなって、最小血圧が正常な値を示すものがある(高齢者多い)。甲状腺機能が亢進している状態でも上が高い場合がある。

高血圧症の自覚症状

全身性
@ からだがだるい
A 集中力がどうしても起きない
B よく眠れない

精神神経性
@ 汗をかきやすい
A 気持ちが落ち込んでしまう
B イライラして怒りやすい
C 物忘れが多くなった
D 立ちくらみやめまいがする
E 耳鳴りや頭がいたく、のぼせる
F 肩がこる
G 手足がしびれたり、ふるえる

眼性
眼がかすみ、視力がおとろえる

心臓及び腎性
@ 動機がしたり、脈がみだれる
A 息切れがす
B 顔がむくんだり、手足がむくむ
C 圧迫感があり、胸苦しい
D 尿量が減少した
E 血尿がでる

消化器性
@ 食欲不振
A 異常に食が進む
B 口がかわく
C 胸やけがする
D 胃が痛む
E 便秘する

以上、これらの症状は、一時的な交感神経の亢進による症状のことが多いのですが、高血圧が長く続いたために起こる心臓やその他の臓器障害に よる合併症があらわれる前ぶれのこともあります。

 

高血圧の合併症

@ 心臓が肥大する
A 脳血管障害が起こる
B 狭心症、心筋梗塞など心不全が起こる
C 悪性高血圧で死亡することがある

高血圧の予防と対策

血圧を下げる生活の工夫
心身の安静を保つことが大切
塩分を制限する 薄味に慣れる(健康な人の塩分は一日10g以下)
肥満を防ぎ、散歩、体操などで気分転換をする

太りすぎに注意する
標準体重になるよう食生活に注意する
よく噛んで食べる習慣をつける
間食、特に甘味品、清涼飲料は摂らない

たんぱく質を十分摂る
動物性たんぱく質は脂肪が多いので避ける
大豆やその加工品を多く摂る

ビタミンやミネラルを十分摂る
緑黄色野菜、果物、海草、豆類に多く含まれています

便秘をなくす
野菜や果物、海草類を多く摂る

食事時間のリズムを守り、アルコールの節酒に努める
アルコール1gは7キロカロリーものエネルギーを含むので肥りの原因となる

寒中の保温に注意する
寒さに急に身体をさらさない。外に出るときは保温に気をつける
洗面は冷水を避ける
入浴時の脱衣場の保温に注意する
就寝近くにはなるべく番茶を飲まない

高血圧症の投与される主な薬
◇ 降圧利尿剤
◇ ベター遮断剤
◇ カルシウムの拮抗剤
◇ ACE阻害剤
◇ 血管拡張剤

※ ご自分で血圧を測るには
夕食後2時間くらい経った精神状態が一番安定して良い
横になるか、左腕を心臓の高さまであげて測る
1週間測った平均値がご自身の本当の血圧です。

リウマチと友に☆リウマチとつきあう生活〜TOP|高血圧の予防☆治療法